フランチャイズで独立するなら襖・障子・網戸の張替専門店「金沢屋」

札幌新道西店

voice_title_sapporo_shindounishi

sapporo_shindounishi

札幌新道西店

オーナー
前田さん
開業日
2016年2月
開業形態
個人
前職種
リフォーム会社勤務
活動地域
札幌市
金沢屋をはじめるきっかけは?
リフォーム業界で働いていましたが会社のブランド力で仕事が来ていたので、正直独立は難しいと考えていました。そんな時インターネットで金沢屋を見つけ、張替からリフォームに繋げられるのではないかと思い加盟しました。大手企業だと大きなリフォーム工事は喜んでやりますが、小さな仕事はなかなかやりたがらないという企業もあります。でも、お客様のニーズは小さなお困り事が大半。その点でも、小さな仕事で信頼をいただいて次に大きな仕事を任せてもらうことも金沢屋なら可能だと考えました。
開業初期はどんなことがありましたか?
冬の北海道だったので開業日に電話が一本も鳴りませんでした。電話線が切れているんじゃないかと思ったくらいです(笑) でも、数日経つとどんどん鳴るようになり、今では月に20~30件のお仕事をさせていただいています。長年メイク&トライを繰り返してきた金沢屋のチラシのおかげで、問い合わせは多いです。張替からリフォームに繋げていく事で、6月は250万円を超えるお仕事をお客様から頂く事が出来ました。信頼されればリフォームの依頼はお客様の方からお話をいただくことがほとんどです。
金沢屋のお仕事で大切なことは何ですか?
金沢屋の経営理念「喜楽好信(きらくこうしん)」が一番大切だと思います。これは「お客様を喜ばせ楽しませ、自ら好きになって信じよう。そうすれば、お客様の満足や感動の気持ちが返ってくる」という考え方です。以前の職場では、お客様を社内で「客」と呼ぶことが多かったのですが、金沢屋ではみなさん「お客様」と呼んでいました。お客様を大切にしている気持ちが出ている証拠だと思います。説明会で丁寧に説明してくださった担当さん。研修のインストラクターさん。他のスタッフの方々。みなさん本当に信用できる方ばかりでした。この経営理念を持った会社だから、そういう環境を育むのだと思います。喜楽好信の気持ちを大切にすれば、自然とお客様からたくさんの仕事をいただけると思います。お仕事をくださったお客様に対して、最大限のパフォーマンスを発揮してお客様に満足していただく事が次の仕事に繋がると思います。変に背伸びをしたり、売り込んだりもせず、お客様に喜んでいただく事だけを考えて仕事をしています。
金沢屋のお仕事で一番意識していることは?
どんな仕事もそうかと思いますが、お仕事をくださったお客様に対して、最大限のパフォーマンスを発揮してお客様に満足していただく事が次の仕事やリフォームの仕事、紹介につながると思います。変に背伸びをしたり、売り込んだりもせず、お客様に喜んでいただく事だけを考えて仕事をしています。
金沢屋のお仕事で嬉しかったことは?
やはり、お仕事をさせていただいたお客様から、次の別なご依頼を頂いた時が一番うれしい瞬間です。お客様が信頼してくださっているんだな~と、本当にうれしく感じます。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyrights © 2017 Kanazawaya, All rights reserved.