【金沢屋なら就労継続支援A型事業での利用が可能】 – フランチャイズで独立するなら襖・障子・網戸の「金沢屋」

【金沢屋なら就労継続支援A型事業での利用が可能】

【金沢屋なら就労継続支援A型事業での利用が可能】
現在の障がい者総数は約744万人となっており、このうち雇用施策対象者は約322万人います。

 

障がい者就労継続支援事業とは雇用施策対象者に就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動の提供を通じて、その知識及び能力向上のために必要な訓練を行う事業のことを言います。また就労支援には2種類あって、雇用契約を結びお給料を払いながら従事してもらうA型と雇用契約を結ばず工賃を払いながら従事してもらうB型があります。

 

上記の通り、A型事業とB型事業の主たる違いは雇用の有無であり、事業者と利用者の雇用関係が成立しているかという点です。

 

そして、運営者である我々の観点から見て大きな違いは「雇用助成金」が利用できるという点です。

 

27年度の法改正でA型事業所への締め付けがきつくなりA型での事業展開が出来る幅が狭まれてきました。そんな中でも金沢屋の事業はA型事業の非常に向いており展開が可能です。