江戸川店(オーナー:伊東さん) – フランチャイズで独立するなら襖・障子・網戸の「金沢屋」

INTERVIEW

インタビュー

江戸川店(オーナー:伊東さん)

江戸川店

オーナー
伊東さん
開業日
2013年10月
開業形態
個人
前職種
記載なし
活動地域
東京都江戸川区周辺

Q

金沢屋で独立をされるときの気持ちは?

A

「まずは1年やってみないと何もわからないだろう」という気持ちで始めました。

実際に1年経過したとき、「やっぱりそうだな」と実感しました。

これから加盟するオーナーさんにも1番にこれを伝えたいです。

Q

集客は順調ですか?

A

どんなチラシでも「最低でも、使った経費は必ずペイできる」と思っています。

1~2度で反響が悪いと言って、打つのをやめてしまったり配布エリアを転々とするのはとてももったいないですね。

回を重ねるごとに、徐々に浸透して反響が上がってくるというのが私の経験です。

最近ではそうしたチラシの蓄積効果を実感しています。「冷酒」と「年寄りの小言」と「外したチラシ」は後になって効いてくる、といったところでしょうか。

また、折込チラシをメインにしながら、ポスティングも併用しています。多少コストが掛かっても、コミュニケーション手段は複数持っておくべきだと思います。

野球で言えば折込チラシは4番バッターですが、4番ばかり9人揃っても試合に勝つことはできませんからね!

開業したての頃は施工後のお客様にお礼のお手紙と割引券をポストに入れたりもしていました。

100件配って2件紹介につながりましたね。

新聞を読む人とそうじゃない人、両方の層を掴むために、今も必ず併用しています。

ポスティングが効果的かどうかはエリアの特性によると思いますが、ひとつの方法に固執せずにいろんなパターンの武器があると強いですね。

Q

売上が順調に伸びていますが、秘訣は何ですか?

A

やはり大きく伸ばすためにはリフォームの受注が欠かせません。

ただ、私は「リフォームを取るぞ!」というスタンスではなく、話の流れでそういう状況になることがほとんどです。

経験がないとリフォームを敬遠したり面倒だと考えてしまいがちですが、僕からするとそれは大きなチャンスロスですね。

仮に見積もりが通らなくても、失うものはないですから。

リフォーム業者も出会いと信頼関係が大切です。

僕のお願いしている業者さんは1年の付き合いになるので安心してお任せしています。