INTERVIEW

インタビュー

逗子金沢店(オーナー:青山さん)

逗子金沢店

オーナー
青山さん
開業日
2012年7月
開業形態
法人
前職種
不動産業経営
活動地域
神奈川県逗子市、横浜市金沢区周辺

Q

加盟されたきっかけは?

A

もともと不動産会社を経営していた手前、業界のことはそれとなく理解していましたが、金沢屋さんを知ったとき、まさにこれだと思い加盟させていただきました。

リーマンショック以降、不動産業界はとても景気が悪くなりました。また建築業界も同じです。

しかしながらこの金沢屋がメイン商材としています、襖・障子・網戸の張替というニーズだけは、私は景気に左右されることなくあり続けると思っていました。

なぜなら価格帯が安くお気軽に頼めること、大手が参入しないこと、地元の職人が辞めていっていること、私自身も頼みたいのにどこにお願いすればいいかわからなかったことからです。

襖がないから、和室が減っているからと、このニーズを勝手に少ないと判断するのは間違っていますね!

その逆で、高齢化社会になり、本部の言うようにほとんどが50代、60代、70代、80代のお客様です。

そのような年代のお客様は、実に和室を好む傾向にあります。

ちょっとしたリフォームをすることで、美観。趣味嗜好の欲求が満たされるのです。

しかも、日本経済を支えているタンス貯金を使っていただける何よりも強力なサービスだと思っています。

またこれをきっかけに信頼していただき、リフォーム工事に発展することも多々ありますので、いち個人の張替専門店もいいのですが、法人の事業部として充分に機能します。

将来的には私は多店舗展開も考えています。

Q

実際に開業されていかがですか?

A

これは技術職というよりサービス業ですね!

私の最初のイメージは手に職と聞いて職人的な技術職かなと思っていました。

ところが、実際にお客様と接する中で、いろいろなコミュニケーションが大事だということがわかってきました。

ちょっとした気配りや趣味の話など営業職でもなく、技術職でもない何か新たな業種?と思わせる感じです。

地元が好き、人が好きな方には打ってつけの商売だと思います。

私もお陰様でどんどん地元に私どものファンを作ることができました。

これからもそうしたファンの方を増やして安定的な経営をしていくつもりです。

Q

開業を検討されている方へアドバイスをお願いします

A

今までにないもので起業すべきか、あるもので起業すべきか。

私は後者を選びました。

全く今までにないサービスなどで開業するより、今まで商売として実在するものを、形態を変えて開業する方が確実にリスクは減りますね。

例えば今流行の業種などは、すごく儲かるなど派手な部分が魅力的ですが、流行り廃りの商売ほどリスクは高いですね。

そういった点ではまさにこの商売はスキマ商売ですので競争も少なく、軌道に乗せやすいです。